作者別: gewlebanon

ヒゲ脱毛をする前にやること、それはカウンセリングだ

男性ならば毎朝、ヒゲを剃っているでしょう。最近だと髭もファッションとして伸ばす人も増えましたが、まだまた会社では認められないところも多いでしょう。お客さんと会うところだとなおさらです。そんなヒゲもやはり面倒です。
最近ではヒゲ脱毛も盛んになってきました。

ヒゲ脱毛のスタートは

ヒゲ脱毛をするクリニックやサロンも増えてきました。
また手軽な料金で受けれるようにもなり、ますます施術も受けやすくなりました。とはいえ、クリニックやサロンにいってすぐに受けれるという訳ではありません。

まずはやるべきこととして、カウンセリングがあります。これをしておかないと、クリニックやサロンは施術もしてくれません。ヒゲ脱毛のスタートはカウンセリングからなのです。

カウンセリングで何をするの?

カウンセリングでは、何をするのかというと、まずは男性のヒゲ脱毛の要望を聞き出すことから始まります。
そして、それにあったプランの内容や回数をお店から提示されるでしょう。それを受けて、契約をするかを決めることとなります。カウンセリングの場では契約するための料金を知る場でもあるのです。

あと気になる施術の方式やまた痛みがないかといった確認もできます。一番の確認方法としてパッチテストといって、一部だけ試しに脱毛器を使った体験もできます。体験しておかないと、続けられなくて解約するかもしれないので、きちんと体験してから契約に進みましょう。

疑問はすべて解決しよう

多くはお店からの説明の場でもあるカウンセリングですが、せっかくなのでどんどんと気になることも質問しておきましょう。その対応のよさでお店を決めてもいいのです。やはりスタッフの対応のよさも通うのに影響してきます。

ぜひカウンセリングをして、納得をしてからヒゲ脱毛はスタートさせましょう。

ヒゲ脱毛の施術後のケアを知ろう

あはたは、ヒゲを脱毛したいと思ったことはありませんか。毎日というくらい剃るのは、たとえ短くても難儀で面倒です。
また、今だと見た目にも清潔に見えませんし、濃いとやはり女性の受けも悪くてモテにくくなります。
やっぱり見た目にも、また自分のためにも今ではヒゲは、脱毛した方が好ましいと言えそうです。

施術後にはケアをしよう

ヒゲ脱毛も実際にはクリニックやサロンにいって、あとは横になって、施術を受けるだけとなります。

しかし、施術が終わったあとが実は注意が必要です。つまりケアが必要という訳です。特別難しいことではありませんが、きちんとしないと炎症を起こしたり、また肌荒れを起こすなどしてしまい、それ以降の施術が受けられなくなる恐れや時には病院へというリスクがあるのです。

ケアは日焼けしないなどがある!

まず、ケアとしては施術したところを冷やすことです。施術により炎症を起こしやすくなっているので、冷やしてクールダウンする必要があります。クリニックやサロンでも、冷やすことをしますが家に帰ってもタオルを水で濡らして、それを当てて冷やしたり、また保冷剤で冷やしましょう。

また日焼けをしないようにします。やはり日焼けでも炎症をおこすかもしれないからです。日焼けをしないように気を付けましよう。

あとヒゲを施術後に剃りたいと思うかもしれませんが、無理して剃らない方が肌への負担を避けられます。剃るときには電気シェーバーで剃るようにしましょう。

お風呂にも気を付ける

それと意外ですが、お風呂をするときも要注意です。つまり熱いお湯でヒゲの部位を当ててしまうと、肌が敏感なので炎症を起こしたりするかもしれないからです。
ぬるま湯や冷たいシャワーで、ヒゲの部位を暖めすぎないように注意しましょう。

ヒゲ脱毛もスムーズに進めるためには、ぜひとも施術後のケアもしっかりと進めていきましょう。

ヒゲ脱毛の契約はよく考えてから結ぼう

ヒゲも男性らしさの象徴でした。しかし、今ではヒゲが濃いとあまり女性受けもよくありません。また量も多いと、毎朝のヒゲ剃りも大変です。そんなヒゲも今では脱毛という手もあります。
クリニックでもサロンでもできるところも増えていますので、悩んでいるのであればまず相談してみるといいでしょう。

それから契約を結んで、いよいよ施術へとなっていくのです。しかし、この契約も気を付けないといけません。

契約の内容はどうなるのか

契約といっても、クリニックやサロンによって大きくことなります。
その違いとして回数が決まっているプランもあれば、期間が決まっていてその間何回でもというようなプランもあります。時には、プランが終わっても脱毛効果が十分でなければ、料金を払ってプランを追加なんてこともあるのです。

ですので、よく考えてからプランを契約しないと満足のいく結果にならないかもしれません。

トラブルも実はあるので要注意

あとこのプランの追加もヒゲの量や濃さも関係しているので、個人差もあり、仕方ないとも言えます。とはいえトラブルにもなりやすいです。

あと何らかの事情で途中でプランを止めるときにもトラブルにもなりやすいです。止めるのだから払わなくていいと思い勝ちですが、プランによってはすべて払わないといけないものもあり、それが先払いのケースもあります。止めるから返金するものと思っていたら返金不可というプランもあります。
これによりトラブルにもなるのです。

早急に契約はしない

また時には予約がいつも満杯でとれないうちに、プランが終わるなんてこともありそれがトラブルにもなります。
ですので、途中で止めるときのお金がどうなるのか、予約とれないときの対処はを確認しておく必要があります。

契約はその場ですぐにせずに持ち帰り、他のクリニックやサロンとも比較しながら、よく考えてから結びましょう。急いでの契約は成功しないリスクもあるのです。

ヒゲ脱毛といっても2つのやり方がある

ヒゲ脱毛もだんだんと広まっています。きっとあなたの地元にもヒゲ脱毛をするクリニックやサロンがあるでしょう。また全国展開するような脱毛クリニックでも、ヒゲ脱毛もして男性を呼び寄せようとしています。

ぜひ、ヒゲで悩む男性はやってみてはどうでしょうか。そんなヒゲ脱毛もやり方が大きく2つあると知っていましたか。

ニードルによるヒゲ脱毛

まずは、ニードルと呼ばれる脱毛方式です。これはヒゲの1本1本に電気を流して毛根から破壊するというものです。その結果、ヒゲを永久的に脱毛するのです。高い効果の反面、時間もかかりやすいです。

あと、痛みを感じる男性もいるようです。痛みをなかなか我慢できずにプランを途中でやめる男性すらいるようです。

しかし、ヒゲのデザインを決めれるので、ファッション的なヒゲにするのには効果的とも言われています。

レーザー方式でヒゲ脱毛

これは光、つまりレーザーを当てることでやはり毛根を破壊して、ヒゲを生えてこなくさせるようにするものです。このやり方は女性のムダ毛脱毛でも使われている方式です。しかし、ヒゲの方が敏感に痛みを感じやすいとも言われています。
今では冷却しながらの施術や機器の進歩により痛みも感じにくくなっているので、まずはパッチテストを受けてみるといいでしょう。

レーザーだと広範囲を一気に施術できるため、クリニックやサロンに通う期間が短くてすむ、費用を安く済むとも言われています。まずは予算を抑えたい男性はレーザー脱毛で検索するといいでしょう。
なおその効果は持続するので、脱毛初心者はお手軽なレーザー脱毛の方が向いていそうです。

よく比較をして決めよう

ヒゲ脱毛もお手軽になってきたとはいえ、時間も費用もそれなりにかかります。ですので、それぞれの方式をよく比較してから決めるようにしましょう。

ヒゲ脱毛するときは毎週通わないといけないのか

クリニックやサロンで女性の脱毛が盛んに行われていますが、ここ何年かで男性のヒゲ脱毛も盛んになってきました。大手のクリニックとかだと、もはやヒゲ脱毛もあるのが当たり前的になってきて、ヒゲ脱毛も恥ずかしいことではありません。
受けやすくなってきていますが、その一方で一般の私たちにはわからないこともまだまだたくさんあります。

毛周期を知っていますか

あなたは、毛周期という言葉を聞いたことありますか。言葉からイメージはつきそうですがわからない人も多いでしょう。私たちの髪の毛やヒゲや体毛には毛周期というものがあります。
毛もずっと生えっぱなしではなく、毛か成長する時期、成長が止まる時期、抜ける時期とあります。それぞれが一定のサイクルとしてぐるぐると回っています。そして、脱毛をするときにはこれがかなり重要となります。

2ヶ月~三ヶ月おきに通うこと

実際には施術を受けても、ヒゲはそのまま見た目には変わりません。そのあともしばらくは変わらないのです。ではいつぬけるのか、それは先ほどの毛が抜ける時期になったら抜けます。これが2ヶ月~3ヶ月おきにです。そして抜けたら今度は生えなくなり、その結果つるつるとなります。

そして、この毛周期は1本1本とことなるため、全体がすべて抜けるのには半年から2年の間はかかると見込まれるのです。もともとの量や濃さにも左右されますが、すぐには終わりません。そして通うのも毛周期と会わせるので2ヶ月~3ヶ月おきにとなってくるのです。

カウンセリング時によく確認を

男性のヒゲの濃さや量により、また永久にするかなどでその施術も変わります。そして期間も左右されてくるのです。ですので、事前のカウンセリング時によく確認をしてから、契約を結びましょう。途中解約のことも念のために聞いておきましょう。

2ヶ月~3ヶ月おきに長く通うので、よくお店も見極めてから、決めましょう。